Kyoto Wedding Costume Photo shoot

Wedding Photo shoot in glamorous
Japanese wedding costume at
the site of temples and shrines in Kyoto

衣装紹介

※写真はイメージです。

KYOKANE WEDDING

SHOZAN RESORT KYOTO

TAKAMI BRIDAL

WATABE WEDDING CORPORATION

衣裳紹介

白無垢

 打掛(着物を着た上から打ち掛けて羽織る着物)、掛下(打掛の下に着る着物)、帯、小物、下着など、すべてを白で統一した花嫁のための和装です。日本では、神前式の時は白無垢を着るのが一般的です。白は古来、「太陽の色」とされた神聖な色で、花嫁の清らかさや心の美しさを象徴します。

色打掛

 白以外の鮮やかな色を使った打掛で、色は赤、緑、黒が多く、金箔を使った刺繍で華やかさがあります。女性の正式な和装で、挙式でも着ることはありますが、一般的には披露宴、祝宴でのお色直しの時に着ることが多いです。

引振袖

 振袖は未婚女性の第一礼装で、その中でも裾を引きずるものを引振袖と言い、花嫁用の礼装です。最も高貴な色とされていた黒の引振袖を着るのが一般的ですが、最近では、他の色の引振袖を着る人も増えてきています。

紋付羽織袴

 紋付羽織袴(もんつきはおりはかま)は、現在一般的に和服における男性の第一礼装とされています。紋付の長着に袴をはき、紋付の羽織を着けます。黒色が正礼装になります。

ご挨拶 フォトプランと撮影当日スケジュール 撮影場所 神社・寺院での撮影に関して よくあるご質問 体験者の声 京都府観光ガイド