Kyoto Wedding Costume Photo shoot

Wedding Photo shoot in glamorous
Japanese wedding costume at
the site of temples and shrines in Kyoto

和婚受入協議会について

趣旨

 現在、日本に結婚写真の前撮りやウェディングに来る外国人カップルは年々増加しており、今後、大きく伸びていく可能性があります。
 そこで、フォトウェディングで海外から京都に訪れる皆さんに、京都ならではの魅力と背景に根付く、歴史、文化、伝統、精神もあわせてお伝えし、今後も、人生の節目ごとに訪れる場所としていただくこと、また、京都のインバウンドの観光戦略として日本的なウェディングを京都で展開し、ウェディングマーケットの拡大や、和装関連産業の振興につなげ、京都の活性化に寄与することを目的に「和婚受入協議会」を設立しました。

ご挨拶

和婚受入協議会 初代会長
渡部 秀敏
ワタベウェディング(株) 代表取締役 会長

京都は1200年の歴史を持ち、先人からの知恵を継承しながらも、時の匠たちはいつも新しいものを生み出してきた希有な都市です。神社仏閣、茶道、織物、染め物、焼き物、食・・・。現在ではその多くが世界文化遺産に登録され、その背景にある歴史や文化、伝統などが取り上げられることの多い京都ではありますが、実は【何度訪れても新しい発見のある、古くて新しい場所】として人気は衰えることはありません。昨今では、築100年を超えるような町屋を活用した飲食店、小学校を再構築した博物館など、【旧×新】の対比が世界でも類をみないほど融合した、未来型の都市でもあると言えるでしょう。

また、2020年のオリンピックで一躍時のワードとなった「おもてなし」も京都の代名詞のひとつです。
おもてなしとは、「相手が希望を口に出す前にそれを察して、実行すること」。
人生のパートナーを見つけ、一緒に一歩を踏み出そうとするお二人の舞台には「よそおい(装い)+しつらえ(設え)+振る舞い=おもてなし」の詰まった、京都が最良だと自負しています。

この度みなさんをフォトウェディングでお迎えする名刹・古刹の、その風情の圧倒的な存在感はもちろん、 その際にご利用になるであろう衣裳には、遠い昔にみなさんの祖国(近隣諸国)から伝来した、意匠の歴史も垣間見られることでしょう。京都そのものを借景に、祖国のエッセンスを綴った衣裳をまとい、新しい家族の誕生の記録を瑞々しい思い出と共に、記憶し続けて頂きたいと思います。

そして願わくば、「家族の誕生となる場所、京都」を、家族の故郷と捉えていただき、折に触れ、帰ってきて下さることを切に望みます。お子さんの節句、結婚記念日、そういった節目にふさわしい「おもてなし」を寺社、行政、事業者が一体となり、ご提供差し上げます。

皆様のご来京を心からお待ち申しあげております。

構成団体

京都府神社庁
京都仏教会
KYOKANE WEDDING
 http://kyoto-omoide.co.jp/location/
SHOZAN RESORT KYOTO(しょうざんリゾート京都)
 http://www.shozan.co.jp/bridal
TAKAMI BRIDAL
 http://www.takami-bridal.com/kjw/
WATABE WEDDING CORPORATION
 http://kyoto-wakon.watabe-wedding.co.jp/english/
京都府
 http://www.pref.kyoto.jp/enjoy/  (京都府ホームページ「京都の魅力・観光」)
京都市
 http://kanko.city.kyoto.lg.jp/  (京都観光Navi)

会長

高見(株)  取締役執行役員 馬渕 雅好

設立日

2014年3月17日

実施事業

フォトウェディング事業

プランイメージ
由緒・由縁等撮影地を理解
(例)事前拝観、講話、
 リーフレットの提供 等
 × 
 フォトウェディング
 ・5.5時間程度
 ・協議会構成団体による撮影

衣装紹介 フォトプランと撮影当日スケジュール 撮影場所 神社・寺院での撮影に関して よくあるご質問 体験者の声 京都府観光ガイド